読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

飛行機(主にエアアジア)に乗って、ジムを訪問してスタジオレッスンに参加する、ちょっぴり変な駐在員の日記です。個人の主観に基づくブログですので、所属組織の公式見解ではありません。内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

務安発、光州経由、大邱。韓国バス移動

務安空港で待つこと小一時間。

  

本当に来るのか不安だったけど、空港シャトルバス到着。

時刻表通りに列車やバスが来るという意味では、

韓国(台湾も)は外国人でも旅行しやすい気がする。

f:id:atakushi:20170501081651j:plain

 

客は3人。

f:id:atakushi:20170501081659j:plain

 

さよなら務安空港。

多分もう、一生来ないでしょう。

f:id:atakushi:20170501081704j:plain

 

40分ほどで光州市街地。

韓国第何番目かの都市でも、この都会っぷり。

東南アジアの田舎に出稼ぎに行っている者にとっては驚き。

f:id:atakushi:20170501081715j:plain

 

到着のアナウンス。

よくわからないけど、とりあえずこのバスはアシアナ系列らしい。

f:id:atakushi:20170513003457j:plain

 

 

光州U-Squareで、大邱行きのバスに乗り換え。

f:id:atakushi:20170501081720j:plain

f:id:atakushi:20170501081724j:plain

f:id:atakushi:20170501081739j:plain

 

チケットを買おうとすると、次のバスは14:40?

別の便がありそうな気もするけど、昼食のチャンスなので敢えてこの便を購入。

f:id:atakushi:20170513003523j:plain

f:id:atakushi:20170501081728j:plain

 

バスターミナル内の食堂。値段はほぼ日本並み。

韓国料理も、中華料理並みにハズレが少なくてありがたい。

f:id:atakushi:20170501081752j:plain

  

大邱西部行きのバス乗車。

こちらは3列シートトイレなし。2時間の旅程で途中休憩はなし。

f:id:atakushi:20170501081756j:plain

f:id:atakushi:20170501075057j:plain

 

大邱西部ターミナル。

韓国のバスターミナルは、こんな感じでちょっと郊外になることが多い。

f:id:atakushi:20170501075113j:plain

 

バスターミナル目の前の地下鉄入り口を降りて、大邱駅に移動。

f:id:atakushi:20170501075117j:plain

 

ちょっと大回り乗車(そもそも一律料金)して、日本式モノレールも乗車。

f:id:atakushi:20170501075121j:plain

 

 

免税で安かったら、何か買ってもいいかなとロッテデパートに向かうも、

売っているものも、値段もほぼ日本と同じ。

これでは昔みたいに、日本人が大挙して押し寄せる理由はない。

f:id:atakushi:20170509060924j:plain

 

夕方、仕事帰りの人たちで賑わっても良さそうなのに、

店員の方がはるかに多い店内。

f:id:atakushi:20170508005035j:plain

f:id:atakushi:20170509061037j:plain

 

トイレだけはずっとOccupied(笑)

f:id:atakushi:20170509061028j:plain

 

上層階で、日本と同じような値段の食事。

この店も、私以外の客が出入りすることはなかった。

f:id:atakushi:20170501075108j:plain

f:id:atakushi:20170509061251j:plain

 

韓国の地方都市、日本人的な難易度は低いけど、

なんとなく商売的には厳しそうな感じがする。

 

務安国際空港(MWX)完全ガイド

 

多分史上初、務安国際空港の日本語版ガイド。

誰の役にも立たないこと間違いなし(笑)

 

まず基本、この空港では他の韓国の空港とは違い、日本語喋れる人はいない。

というか、日本人がいること自体かなり不審。

なので出入国、税関では質問される可能性大(というか、された)。

 

別室(と言ってもパーティション)で色々尋問された後、

バンの中拭き取ってを薬物検査され、"It looks no problem."と無事釈放。

3分ほどかな。

 

ちなみに私の歴代最長尋問は、自分の国日本の厳原港、約30分。

マンツー、ツー税関メン。すごい税金の無駄遣い。

 

案内カウンター(英語・中国語対応)とコンビニ

 

シャバに出て左側。(客がいないので)とても親切に対応してくれる。

コンビニ・イートインコーナーは、

何をやっているのかわからない人たちで賑わっている、、、

f:id:atakushi:20170501081514j:plain

 

空港バス

光州(U-Square)と務安ターミナルから。

案内所の横に、バスチケットの自販機あり。

 

左上から、光州→空港・空港→光州

下段が、務安ターミナル→空港・空港→務安ターミナル

一応発着便に合わせたダイヤ設定。

 

(注意)2017年5月から、東航上海便に変わり、アシアナ北京便が就航している模様。

おそらくバスのダイヤも変更となっている。要・事前確認。

(まぁ、誰も使わないだろうけど、、、)

f:id:atakushi:20170501081519j:plain

 

光州までW3800。1時間弱。

f:id:atakushi:20170501081638j:plain

 

ここまでが到着階。

f:id:atakushi:20170501081633j:plain

 

続いて出発階。予想通り、ガラーん、と。

f:id:atakushi:20170501081531j:plain

 

本日の出発便。

夜にももう一便あるらしい。あと国内線が1便?

でもこれだと、きっと職員はシフトなんだろうなぁ、、、

金がかかってそう。

f:id:atakushi:20170501081619j:plain

 

基本、人はいない。

f:id:atakushi:20170512004533j:plain

f:id:atakushi:20170501081549j:plain

 

国際出発ゲートの隣に、簡単なレストラン。

メニューはまぁ、喫茶店程度。

コンビニとこの周辺だけは、職員か関係者と思われる人が。

f:id:atakushi:20170501081553j:plain

 

あとは両替所もあり。

ただこの日は空いていなかったので、そのつもりでいた方が良さそう。

 

きちんと出発フロアに、車で乗り付けられるようになっている。

f:id:atakushi:20170501081626j:plain

 

PBBは3本。

規模的には、日本の地方空港並みか。

あるいはマレーシアの地方空港(ラブアンとか)も同じような雰囲気。

f:id:atakushi:20170501081541j:plain

拡張の「土地的な」余地はありそう。

f:id:atakushi:20170512004450j:plain

 

これが全て。

これ以上紹介するものは、ない。

そして模型のように、飛行機が3機も同時に止まっていることも、ない。

f:id:atakushi:20170512004637j:plain

 

まとめ:インターネット上に全く情報がなかったこの空港。

コンビニがあるので、まぁ困ることはないかも。

交通手段も、最悪タクシーで。きっと案内所で呼んでもらえる。ちょっと高いけど。

f:id:atakushi:20170506141901j:plain

 

MU5057 PVG to MWX (China Eastern)

今回の旅の目的、日本人が滅多に来ないところへ行く。

その目的地は韓国・務安。

MOSS TOWNとなっているのは、多分デルタのシステム上の不具合か何か。

f:id:atakushi:20170506134225p:plain

 

ちなみに、2017年5月現在、この旅程はもう表示されなくなっている。

というか、務安行き自体が表示されない。

なくなる、、、のか?この便。

 

[追記]どうやら2017年5月9日以降、本当に飛ばなくなった模様、、、

 

まずは朝のPVGでチェックイン。

f:id:atakushi:20170501081158j:plain

 

スカイチームエリートでも使える優先カウンター。

東航のエリート優遇はなかなか素晴らしい。

数人並ぶものの、揉める人がいないので早い。

f:id:atakushi:20170501081338j:plain

f:id:atakushi:20170501081343j:plain

 

この時点で1出発1時間前。

出国審査は15分待ちぐらい。

f:id:atakushi:20170501081350j:plain

 

出発まで45分ほどしかなかったけど、

一応ラウンジを覗く。37番ラウンジ。

f:id:atakushi:20170501081404j:plain

 

中は、5分でさようならしたくなる内容。

ちょうど日本のカードラウンジぐらいか。

f:id:atakushi:20170506133654j:plain

f:id:atakushi:20170501081419j:plain

 

務安に両替店があるかどうかわからなかったので、

ものすごいレートの悪い両替店で、手持ちの人民元をウォンに両替。

 

ゲートはもちろん、バスゲート。

27分前のこの時点で、私を除いて残り2名。

f:id:atakushi:20170501081427j:plain

 

20分前には、きちんと95人全員集合。

f:id:atakushi:20170501081432j:plain

 

この便、1週間ほど前に見たときは、

私以外誰も座席指定が入っていなくて、もしや貸切?とも思ったけど、

もちろんそんなことはなかった。

f:id:atakushi:20170506133950j:plain

 

 

f:id:atakushi:20170501081440j:plain

 

クルーは、中国人x3と韓国人x1。

韓国人だけ笑顔レベルが違うので、すぐわかった。

 

ブロックされていたバルク31Aと、私の列の通路側32Cは、韓国人のおじさん。

韓国スッチーが挨拶に来ていたので、多分上級会員。

f:id:atakushi:20170501081444j:plain

 

この機材はWiFiなし。

飛行中はスマホで写真が撮れないけど、

機内食はよくあるスナック機内食ラップの、皮の代わりにご飯で包んだもの。

めちゃくちゃヘビー。半分で十分。

 

東航に限らず、機内の上映ビデオが

Just For Laughs Gagsのことが多い気がする。

そして面白いので見てしまう、、、

 

チェジュ島の上あたりを通って、1時間半ほどのフライト。

韓国の空港は、どこまで写真を撮っていいのかよくわからないので、

ターミナルに入るまでは控えていた。

 

多分、人生で最初の最後の、Muan Airport入国印。(右側は翌日の出国印)

f:id:atakushi:20170501075811j:plain

 

ホテル : ジョイフルスターホテル浦東エアポート I (上海星之悦浦東機場晨陽酒店)

東航から東航への乗り継ぎは日を跨ぐので、

今回は上海でトランジットホテルを手配。

 

expediaで調べて、安くてまともそうなこのホテルへ。USD40くらい。

 

東航機内食が炭水化物祭りで食べる気がしなかったので、

空港で小腹を満たすべく、1タミと2タミの間の、地下鉄駅の方向へ。

f:id:atakushi:20170505020255j:plain

f:id:atakushi:20170505020338j:plain

 

イマイチ、食べたいものがなく。

 

さらに歩いて2タミへ。

が、こちらも1タミ同様、ぱっとしない。

 

食事は諦めて、ネットで調べてもわからなかった

このホテルへの向かい方を聞くべく、案内所へ。

 

一見無愛想に見えるけど、

実はとても親切な案内姐がホテルに電話をしてくれた。

結局、迎えは1タミにしか来ないので、1タミへ行けとのこと。

 

ちなみに案内姐が、半分ぐらいしか聞き取れなかったけど

「日本人で中文無理っぽいから、2タミまで迎えに来れないのか」と言ってくれたっぽい。

 ちょっと前の中国の空港職員だと考えられないような親切。

 
姐「わかんなかったら、これ見せて誰かに聞きなさい」

私「好。谢谢您」

姐「嗯」

f:id:atakushi:20170505020732j:plain

 

で、結局1タミで待つこと20分。

無事ピックアップが到着。

 

1タミでも2タミでも、わからなければこの案内所に行けば、

とても親切な職員が対応してくれる。

f:id:atakushi:20170505020432j:plain

f:id:atakushi:20170505021338j:plain

f:id:atakushi:20170505021418j:plain

 

この登録制度、制度自体は知っていたけど、紙もらったのは初めて。

f:id:atakushi:20170505021429j:plain

 

部屋はこんな感じ。

無駄に広いけど、まぁ普通。

f:id:atakushi:20170505021433j:plain

f:id:atakushi:20170505021436j:plain

 

インターネット繋ごうと思ったら、国家的ブロックシステム作動。

でもスピード自体はものすごく早かった。

f:id:atakushi:20170506133945j:plain

 

 

空腹だったはずなのに、結局そのまま就寝。

 

翌朝の風景、付近は住宅街?

f:id:atakushi:20170505021611j:plain

 

期待していなかった朝食。期待(してなかった)通り。

なぜかホットオレンジジュースが、、、

f:id:atakushi:20170505021643j:plain

f:id:atakushi:20170505021646j:plain

きっと中国人の普段の食事って、

こんな感じだから意外と太らないんだろうなぁ、と思いながら軽くつまむ。

食堂のおばちゃんが笑顔でお見送り。

 

この先にマッサージ店、さらに先の通りに出れば

コンビニやファーストフードもある模様。

f:id:atakushi:20170505021743j:plain

 

空港行きも、1時間毎ぐらいに出発のシャトルで無料送迎(チェックイン時に予約)。

f:id:atakushi:20170505021728j:plain

f:id:atakushi:20170505021708j:plain

運転手のおっちゃんが笑顔でお見送り。

陸中国人の暖かさを感じたたった一泊のトランジット滞在。 

 

  

マレーシアの出入国スタンプ集

20代から30代前半にかけて、ひたすら旅したマレーシア。

なので前のパスポートには、思い出のスタンプがたくさん残っている。

 

まずは地名・略称一覧

TG.  Tanjung 岬

BKT.   Bukit   丘

L.T.(A.)    Lapangan Terbang (Antarabangsa)   (国際)空港

 

K.H.   Kayu Hitam 

J.B.   Johor Bahru

K.L.     Kuala Lumpur

 

 

[レア度低]

K.L. INTERNATIONAL

KLIA/KLIA2。まぁ、マレーシアに来た人なら誰でも押されているであろう。

ここだけL.T.A. KLとはならず、英語表記。

f:id:atakushi:20170507014020j:plain

 

BANGUNAN SULTAN ISKANDAR

シンガポールとの陸路国境。JB Sentral。これもメジャー。

f:id:atakushi:20170506203050j:plain

 

L.T. PULAU PINANG

ペナン国際空港。なぜかL.T.A(Antrabangsa=International)ではなく、L.T.(=Lapangan Terbang/Airport)。

そして入国スタンプがここだけ黒。ちょっと変わってる。

f:id:atakushi:20170506203038j:plain

 

L.T.A. KOTA KINABALU

これも余裕。まぁコタキナバル、何もないけど、、、

f:id:atakushi:20170507014603p:plain

  

[レア度中]

L.T.A. SENAI J.B.

ジョホールバルセナイ国際空港。

エアアジア便が増えて来て、普通に使える。

この空港、国内線も国際線も動線が同じ。

違いは国際線の人は、途中でスタンプを押してもらうだけ。

昔はペナンも似たような構造だったけど。

f:id:atakushi:20170506203126j:plain

 

BKT. K.H. CHANGLOON

タイとの陸路国境。この時はアロースターのホテルからタクシーで。

現在タイの陸路ビザなし入国が年2回までに制限されているので、

若干取得難易度が上がってしまった。

f:id:atakushi:20170506203141j:plain

 

JETTY KUAH, PULAU LANGKAWI and L.T.A. PULAU LANGKAWI

ランカウイの港と空港。

空港は簡単。が、港はタイとの国境のため、

前述の年2回制限が適用される(と思われる)。

f:id:atakushi:20170507014855j:plain

 

STULANG LAUT, JETTY JB

バタム行きのフェリーが出ている。別名THE ZON。

f:id:atakushi:20170506203131j:plain

 

JOHOR BAHRU

単なるジョホールバルは鉄道に乗った場合。

この時は、シンガポール側ウッドランドチェックポイントの

マレーシアイミグレ出張所で押された。

今はどうなんだろう。JB Sentralで押してもらえるのかな。

f:id:atakushi:20170506203101j:plain

もっと昔、国際列車がシンガポール街中まで達していた頃、

ジョホールバルの出国は手書きで、カードを回収されるだけだった。

f:id:atakushi:20170506203032j:plain

 

TG. BELUNGKOR and TG. PENGELIH

大体の読み方は、タンジュンブルンコールとタンジュンプングリ。

それぞれシンガポールの東部から、ジョホール州にフェリーで渡った到達点。

f:id:atakushi:20170510224406p:plain

プングリ行き/発は人が集まらないと運行しない乗り合いボート。

私の時は、多分今日は集まらないと言われ、泣く泣く貸し切った。

シンガポール側(チャンギビレッジ)で日本人を見かけたので、一応レア度中に。

 

L.T. SULTAN ABDUL AZIZ SHAH, SUBANG

要するにスバン空港。ここもまぁ、Fireflyが飛んでいるのでそれほど難しくない。

f:id:atakushi:20170507020843j:plain

 

L.T. MIRI, SARAWAK

f:id:atakushi:20170506203044j:plain

 

L.T. KUCHING,SARAWAK

f:id:atakushi:20170506203056j:plain

これらは厳密には、入境スタンプ。

サラワ(ク)州に入るときにだけ押され、

出るとき(そのままマレーシア出国時を除く)には押されない。

 

[レア度高]

そろそろ日本人は滅多に通らないというレベルに。

DERMAGA LABUAN(左)

ラブアン港。ブルネイ発の船に乗ればこちらに到着。

f:id:atakushi:20170506203044j:plain

 

PANDARUAN, SARAWAK and TEDUNGAN, SARAWAK

f:id:atakushi:20170507015144p:plain

MENGKALAR, SARAWAK, MERAPOK, SARAWAK and ENTERD SABAH

f:id:atakushi:20170507020545p:plain

ブルネイからコタキナバル行きの、国際バスに乗ると順次押されてゆく。

この国際バス、たいした距離ではないのにかなりの時間の移動。

でも乗ってよかったと思う。

 

PELABUHAN TERMINAL FERI PUTERI HARBOUR

プテリハーバー。ここは(今の所)かなりマニアック。

この当時は、まだバタム行きが就航していなくて、

一旦T.G. BALAI(インドネシア)まで行った。それも3時間ぐらい待って。

f:id:atakushi:20170506203135j:plain

 

簡単なはずなのに、まだ持っていない :

KOMPLEKS SULTAN ABU BAKER, TG. KUPANG (SG-JB second link)

L.T. IPOH (イポー空港)

L.T. BATU BERENDAM, MELEKA(かな?) (マラッカ空港)

 

簡単じゃないけど、通ってみたい・行ってみたい :

ランタウ・パンジャン (マレー半島東海岸、タイとの陸路国境)

インドネシアとの陸路国境

スバティック島 (島を国境が分断)

 

東南アジアに赴任したら、いろんな国境を通れると思ってた。

が、ヤンゴンで更新した新しいパスポートに押されたスタンプは、

大量のKL INTERNATIONALのみ。

まぁそんなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MU5006 TPE to PVG (China Eastern)

怖いもの見たさの東航

両岸路線に乗るのは初めてじゃないけど、前回は中華航空

大陸の航空会社は久しぶり。

 

前回、中国国際航空の上海福岡便があまりに酷かったので、

今回もどれだけ酷いんだろうかと不安でもあり、楽しみでもある(笑)

 

板橋で鼎泰豐食べた後、高鉄で桃園へ。

f:id:atakushi:20170501080935j:plain

f:id:atakushi:20170501080942j:plain

 

やっと開業したMRTで、高鉄から空港まで移動。

が、これが各駅停車で結構遅い。

走ってるのかなくなったのかわからないけど、

緑色の705番のバス、あれはあれで悪くなかった。

f:id:atakushi:20170501080951j:plain

f:id:atakushi:20170501080957j:plain

f:id:atakushi:20170501081004j:plain

 

チェックイン。

スカイチームエリートなので、こちらのカウンターで。

f:id:atakushi:20170501081017j:plain

f:id:atakushi:20170501081010j:plain

 

出国は直前に常客證を入手済みなので、余裕。

 

 

と思いきや、結局手荷物検査は並ぶのであまり効果無し。

 

本日のラウンジはこちら。Plaza Premium。

f:id:atakushi:20170501081039j:plain

 

ここのラウンジは少し特殊。

まず受付後、ミールクーポンを受け取る。

このクーポンで定食をオーダー。けど結局食べなかった。

f:id:atakushi:20170501081100j:plain

 

ドリンクコーナーで白ワインだけもらって、奥のソファーで一休み。

f:id:atakushi:20170501081049j:plain

 

さらに奥は仮眠スペース。

どうもここは、ラウンジというよりダイニング+仮眠スペースのようだ。

 

怖い怖い飛行機に搭乗。

某日本のファイブスター : 客が怖い

中国 : スッチがー怖い。あるいは客が別の意味で怖い

f:id:atakushi:20170501081113j:plain

f:id:atakushi:20170501081118j:plain

f:id:atakushi:20170501081126j:plain

 

こちらも平エリートで、Sky Priorityから優先搭乗可能。

 

エンタメ無し。

 

f:id:atakushi:20170501081135j:plain

f:id:atakushi:20170501081142j:plain

 

中国の飛行機では、機内では機内モードですら、
携帯電話の電源を入れられない謎ルール。
が、機内インターネットが付いている。
なのでPCでインターネットアクセスをすることは可能。

f:id:atakushi:20170513183450p:plain

 

よって飛行中・機内食の写真はなし。
内容はチャーハンがどかっとメインディッシュ、
あとはお菓子、果物、ジュース。
うーん、これは美味しくない。

 

クルーは、SPEEDの島袋寛ちゃん似のスッチーが二人。

あと保安要員っぽいガタイのいいおっちゃん、その他多数。

 

驚いたことに接客も普通。いや、むしろ中の上。

 

まさか(?)の東航空姐の笑顔が見れた。

けど、理解力の乏しい客には、本性を見せた空姐。

ちょっと鈍臭い客がいると「啊?」と顔が曇り、

一気に中国の空姐らしくなる(笑)

 

PVG到着。トイレに行きたいが、なかなかドアが開かない、、、
ビジ客がなぜかL2から降機。

f:id:atakushi:20170501081146j:plain

 

こんな時に限って護送バス。

しかもなかなか発車しない。

 

広い広いPVGを延々走って、やっとターミナル着。

ギリギリセーフでお手洗いに駆け込み、入国審査へ。

幸いそれほど待つことはなかった。

 

今日はPVG近辺のトランジットホテル泊。

総合的には、全然悪くない。

いやむしろ感じの良かった中国東方航空

 

ミシュラン星付き名物店のお食事 in 台北@添好運&鼎泰豐

ワールドジムでの運動後、そのままMRTで1駅移動して、

隣の忠孝復興へ

f:id:atakushi:20170502195215j:plain

f:id:atakushi:20170502195227j:plain

 

ここのSOGOに入っている鼎泰豐を目指すも、

閉店間際のこの時間でも客待ち行列

 

そこでやってきたのは、台北車站 HOYII北車站。

ここの1階に添好運の支店がある。(他の場所にも割とある模様)

f:id:atakushi:20170502195235j:plain

 

閉店間際。

すっごい面倒臭そうな接客。

f:id:atakushi:20170502195238j:plain

f:id:atakushi:20170502195241j:plain

f:id:atakushi:20170502195249j:plain

f:id:atakushi:20170502195252j:plain

 

他の店員はそんなに感じ悪くなかったけど、、、

味はふつー、あるいはちょっとふつー以下。

値段はこんな感じ。安くはない。

f:id:atakushi:20170502195259j:plain

 

店の前はこんな感じ。

f:id:atakushi:20170502195231j:plain

 

 

気を取り直して、翌日は朝から鼎泰豐へ。

昨日は入れなかったSOGOの開店直後か、板橋店ならスムーズに入れるので、

今回は桃園機場に向かう途中に板橋店へ。

 

まだ手動ドアの列車が残っていた。

f:id:atakushi:20170501080750j:plain

f:id:atakushi:20170501080813j:plain

 

場所は、「大遠百」を目指せばok。

f:id:atakushi:20170501080917j:plain

f:id:atakushi:20170501080913j:plain

 

ここにも添好運が。

f:id:atakushi:20170501080905j:plain

 

11時過ぎ、予想通り待ち時間ゼロ。

f:id:atakushi:20170501080847j:plain

f:id:atakushi:20170501080817j:plain

 

ノーマル小籠包のコスパが抜群。

f:id:atakushi:20170501080826j:plain

 

食べ方。

f:id:atakushi:20170501080830j:plain

 

小さい、、、けど芸術的なお味。

f:id:atakushi:20170501080842j:plain

 

この店のすごいところは、サイドメニューも手抜き無し。

もちろん接客も抜群。

f:id:atakushi:20170501080834j:plain

f:id:atakushi:20170501080838j:plain

 

これはもう、すべての面で鼎泰豐の圧勝。