ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

お一人様大好き。日本人が乗らないような飛行機(路線)に乗って、日本人が通らないような国境を越えて、日本人が誰もいないようなジムでスタジオレッスンに出て、日本人が誰もいないメシ屋で臭い飯を喰うブログ。各所のルールに則り撮影しています。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

MH53 KIX to KUL (Malaysia Airlines)

だらだらと書き続けた一時帰国旅行記も、これが最後。

 

昨晩23時にKIXに到着し、大阪滞在時間はわずか12時間。

実家で送り損ねた荷物を処理して、再びKIXへ。

 

荷物があったので、実家から新阪急ホテルまではタクシー。

幸いワンメーター。

 

 

大阪梅田発関空行きのリムジンバス、臨時便も出るほどの混雑。

あいにくの補助席で関空まで。

これで1550円はちょっと。荷物がなかったら、天下茶屋経由ラピートにしたかった。

f:id:atakushi:20170510231540j:plain

f:id:atakushi:20170510231628j:plain

 

関空着。まずはABCで、空港宅配が間に合った分の荷物を受け取り。

f:id:atakushi:20170510231553j:plain

 

今回の輸出貨物はこのくらい。

f:id:atakushi:20170510231505j:plain

 

まぁ大したことはない。

ちなみにヤンゴンへの赴任時はこんな感じだった。

f:id:atakushi:20170520001019j:plain

 

マレーシア航空チェックインカウンターへ。

 

Priorityにもかかわらず、かなりの列。

明らかに、Priorityじゃなさそうな人が、、、

でも「あなた、エコノミーでしょ?」とは言えない(笑)

f:id:atakushi:20170508003244j:plain

 

案の定ただのエコ客。誰も誘導していないのだから、まぁそうなる。

そしてそういう人たちを、エコ列へ突きかえすキャセイ系列グラホ。

当然揉める。

 

なぜこうなったか、どうも案内所の係員が、

D7に並べと案内したかららしい。

f:id:atakushi:20170508002733j:plain

 

確かにD7はこのPriority列。

きちんとD7-12付近、と案内しないとダメだろう。

 

アクセス、チェックイン、手荷物検査、もう関西空港は限界に達している。

このままでは関西の印象が悪くなる。

私も関西人なので、この空港をできるだけ使いたいけど、

この状況が解消されるまではしばらく避けると思う。

 

行きでも書いた通り、今回のチケットは、マレーシア航空Nクラス。

Enrich(MAS)なら85%、JMB(JAL)なら0%という渋ちんな加算率。

 

これをみると、きっと他社にマイル清算するときの金額って、

結構大きいんだろうなぁと思ったりする。

きっとラウンジハシゴするやつとか、

撃ち落としたいぐらいの迷惑なんだろうなぁ、、、まぁ気にせずするけど。

 f:id:atakushi:20170519230526p:plain

 

ということで、WebチェックインはJL sapphireで済ませていたけど、

ここでエンリッチに付け替えてもらう。

往路のKULと同じく、搭乗券の再発行はせずに、付け替え完了しました、とのこと。

  

ちなみに後日、やはりきちんと加算されていた。

この状態でラウンジのインビももらえた。

 

ただ、ヤンゴンで手荷物を受け取る際に、

Priorityタグは外されていた。

KULでチェックが入ったのか、事故で外れたのかは不明だけど。

 

出国審査は臨時北口(裏口)から。

f:id:atakushi:20170508003201j:plain

f:id:atakushi:20170501075721j:plain

f:id:atakushi:20170423124032j:plain

 

存在意義の怪しいシャトルで先端駅へ。

f:id:atakushi:20170423124004j:plain

f:id:atakushi:20170423123955j:plain

 

この時間、割とボリューミーな機材が揃っている。

f:id:atakushi:20170423123923j:plain

f:id:atakushi:20170423123913j:plain

f:id:atakushi:20170423123843j:plain

f:id:atakushi:20170423123812j:plain

 

ラウンジはこちら。飛鳥ラウンジ。

確か最近まではANAラウンジだったはずだが。

f:id:atakushi:20170423123944j:plain

f:id:atakushi:20170423123932j:plain

 

この飛鳥ラウンジ、5年ほど前に入った時は、

下の写真(当時)のオリジナルピーナッツぐらいしか食べるものがなかったので、

f:id:atakushi:20170508025007j:plain

 

正直全く期待していなかった。

f:id:atakushi:20170423123716j:plain

しかし今回、大幅にましになっている。

泡ワインがないのが残念だけど、それ以外は合格点。

 

人も少なくとてもゆったり。

ただ途中で、九州のおじさん・おばさん団体が入ってきて、、、(笑)

f:id:atakushi:20170423123602j:plain

f:id:atakushi:20170423123554j:plain

f:id:atakushi:20170423123539j:plain

f:id:atakushi:20170423123528j:plain

f:id:atakushi:20170423123519j:plain

 

ご搭乗。

マレーシア行きは、ゲートにパステルカラーの

ホッカムラーおばちゃんがたむろってるのですぐわかる(笑)

f:id:atakushi:20170423123407j:plain

 

クルーは、この便も日本人スッチー2名。

チーフは私より背が高い、トレンドマイクロのCEO似の強そうな赤ケバヤ中華姐。

あとは見えた範囲で、小西真奈美似の中華姐。MHにしては普通な男性クルー。

 

MASのクルーはやっぱり濃いというか印象に残る。

JAL/ANAなんて全然記憶に残らないけど、

MASならこれ書いている今(=後日)でも顔が思い出される(笑)

f:id:atakushi:20170423123313j:plain

 

帰りもバルクの9C。

コンセントは、と椅子の下を覗くと、

9Aにはあるけど、9CにはUSBポートしかない。

f:id:atakushi:20170423123258j:plain

f:id:atakushi:20170423123230j:plain

f:id:atakushi:20170423123248j:plain

f:id:atakushi:20170423123238j:plain

 

※諸事情(後述)により、これ以降写真はなし。

 

出発後、機内食

クルーは覚えているけど、機内食は忘れた。

チキンとフィッシュだったかなぁ。

 

食事後、ビジからもエコからも隔離されたAコンエコは真っ暗状態。

 

到着前の軽食。

これは覚えている。

明治エクセルスーパーカップ(ミニ)とカップケーキの高カロリーセット。

 

小西真奈美(似)が積極的にコーヒーを注いでくれて

気持ちの良い昼下がり。

 

森の中の空港、KLIA着。

スポットに向かっている途中、Bコンの客が立ち始める。

どうもトイレに行きたかったらしい。

 

チーフ、英語と北京語で注意。日本姐も日本語で警告。

それでも聞かないので、チーフがL1からつかつかとBコンに向かい

"Sit down!"と機内に響き渡る大声で一蹴。

機内凍りつく。

おー、赤ケバヤチーフ怖い、、、まぁ保安要員だからね。

 

そんなチーフに見送られながら到着したKLIAで試したいことが。

昔、KLIAのゴールデンラウンジ(サテライトのみ)の利用条件に

「出発、または到着の、ビジネスクラス・Enrich(以下略」という記載があった。

 

ラウンジに突撃してみたところ、、、×。

まぁ、普通に考えれば×なんだけど。

ということで、今は到着のチケットだけでは入れない。

 

そしてこの後、トイレで携帯を水没させる。

水を流し、置いてあったカバンを取ろうとしたら、

そのそばにあった携帯が引っかかり、勢いよく流れる水の中へ。

 

翌朝、一瞬起動しかけるも、ご臨終。

まぁパスポートでなくてよかったわ。

 

そんな事件があり、写真は機内でバックアップを取ったところまで。