ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

お一人様大好き。日本人が乗らないような飛行機(路線)に乗って、日本人が通らないような国境を越えて、日本人が誰もいないようなジムでスタジオレッスンに出て、日本人が誰もいないメシ屋で臭い飯を喰うブログ。各所のルールに則り撮影しています。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

ジャカルタのBRT&通勤電車

ジム活を終えた後、喉が渇いた、スポーツドリンクを、と思ったら

コンビニがポカリスエットにジャックされてた(笑)

f:id:atakushi:20170503113930j:plain

 

f:id:atakushi:20170503113935j:plain

f:id:atakushi:20170503113939j:plain

さすがにこれはやりすぎやろ、、、

 

約束まで少し時間があったので、

BRTに乗って、まずはJakarta Kotaへ。

f:id:atakushi:20170503115638j:plain

 

BRTの駅(?)ヘ向かう歩道橋、

ほぼ例外なくスロープなので、出入りに時間がかかる。

f:id:atakushi:20170503113808j:plain

 

まずは窓口で、ICカードを買う。40,000ルピア。

カード代が20,000ルピア、残りがチャージ額。

バス1乗車は3,500なので、1回の滞在なら再チャージは不要かも。

 

バス車内。まぁまぁ快適。

f:id:atakushi:20170503113906j:plain

f:id:atakushi:20170503114007j:plain

f:id:atakushi:20170503113952j:plain

これなら外国人でも余裕。

 

Kota周辺。専用道から外れるので、時間がかかる。

f:id:atakushi:20170503113959j:plain

f:id:atakushi:20170503114011j:plain

f:id:atakushi:20170503114016j:plain

f:id:atakushi:20170503114020j:plain

ここもスロープの連続で、かなり歩かせる設計。

バリアフリーといえばそうなのかもしれないけど。

 

ターミナル感漂うJakarta Kota駅構内。スタバもあり。

しかしすでに長距離列車の発着はなくなり、通勤列車のみ。

日本でいうと、、、天王寺駅の阪和ホーム?

f:id:atakushi:20170503114030j:plain

f:id:atakushi:20170503114034j:plain

 

先ほど買ったICカードがそのまま使える。

環状線の中の移動だと、1,500ルピアだったはず。

 

205系に乗車。

たことのないホーム形状。

f:id:atakushi:20170503114038j:plain

f:id:atakushi:20170503114041j:plain

f:id:atakushi:20170503113530j:plain

f:id:atakushi:20170503113538j:plain

 

南側のターミナル駅、ガンビルで環状線内回り(右側通行なので、左回り)に乗り換え。

f:id:atakushi:20170503113604j:plain

 

足元が非常に危ない箇所がある。

列車が過ぎ去った後は踏切になる箇所。

f:id:atakushi:20170503113553j:plain

f:id:atakushi:20170503113557j:plain

f:id:atakushi:20170503113608j:plain

 

Kotaへ行くなら楽勝だが、それ以外に行くには

刻一刻と変わる行き先表示に注目し、

車内放送の行き先を聴取らなければならない。

f:id:atakushi:20170503113624j:plain

 

きちんと横断地下道も整備されている。

これだけ見れば日本並み。

f:id:atakushi:20170503113631j:plain

 

やっとやってきた、営団地下鉄爆弾ドア車。

f:id:atakushi:20170503113635j:plain

f:id:atakushi:20170503113639j:plain

f:id:atakushi:20170503113642j:plain

f:id:atakushi:20170503113647j:plain

こちらも外国人でも全然楽勝だと思う。

しかし、205系ばっかり(たまに営団車)になってしまって、面白みはほぼなし。

 

19時の約束に、ちょうど良い時間に。

f:id:atakushi:20170503113651j:plain