ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

飛行機(主にエアアジア)に乗って、ジムを訪問してスタジオレッスンに参加した時の情報を書き殴る、99.9%の方には役に立たない情報をお届けするブログ。各所のルールに則り撮影しています。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

つまらない街ヤンゴンの過ごし方 その1 (Novotel Yangon Maxのサンデーブランチ)

まだ書き切れていない旅行記があるけど、、、

たまにはヤンゴンネタでも。

 

つまらない街、特に雨季に入ると拷問のヤンゴンで、

数少ない楽しみは飯。

 

1~2年前に比べて、格段に(日本人的には)食事のレベルが上がっていて、

はっきり行って、食事のためならバンコクに行かなくて良いレベル。

特に中級クラス(日本と同じくらいの値段)の質の向上が素晴らしい。

 

で、ここはどちらかというと、

昔からある上級レベルのレストラン。

 

Maxというのは、地元で手広く事業を行うグループ企業

(財閥とまではさすがに行かない?)の名前。

よってオーナーはやり手の有名なミャンマー人。

この方は日本に居たことも。

f:id:atakushi:20170513183741j:plain

 

サンデーブランチは日曜日の12時から。

客層は、お前ら普段どこで働いてるんだよ、って感じの白人ばかり。

結構混むけど、並ぶほどでもない。

こういうところは東京やシンガポールと違って全くストレスがない。 

f:id:atakushi:20170513183815j:plain

 

昔はシャンパン飲み放題、、、という噂もあったものの、

今はスパークリングワイン(日本で2000円しないくらいのプロセッコ)しか出てこない。

昔はフォアグラ食べ放題、、、という噂もあったものの、、、まぁそんなもんでしょ。

それでもそこそこの質を維持している。

f:id:atakushi:20170513183833j:plain

 

生牡蠣を含むシーフード。

幸いにも、腹を壊したことはない。

相当腹の耐性ができている上での話なので、素人にはあまりオススメしない。

f:id:atakushi:20170513183850j:plain

 

【ノボテルヤンゴンマックス サンデーブランチ

お値段は32USD++だったかな。日本やシンガポールの半額といったところか。

 

ちなみに夜のディナーも曜日がわりの食べ放題飲み放題。

ほぼ同じようなレベルの料理と、ワインが赤白だけになって、

お値段はほぼ据え置きの34USD++ぐらい。

何気にこちらもお得だったりする。日本のチェーン居酒屋で宴会すると思えば、、、