ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

お一人様大好き。日本人が乗らないような飛行機(路線)に乗って、日本人が通らないような国境を越えて、日本人が誰もいないようなジムでスタジオレッスンに出て、日本人が誰もいないメシ屋で臭い飯を喰うブログ。各所のルールに則り撮影しています。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

8M231 RGN to SIN (Myanmar Airways International)

最近本当に忙しく、、、

かなり前のシンガポール行きを、今頃アップデート。

 

日本人には全く馴染みがないであろう、ミャンマー国際航空(MAI/8M)。

ちなみにミャンマーにはミャンマー国営航空(MNA/UB)というのもあり、

一部資本関係もある割に、両者とも同じ路線(BKK/SIN)を持っている。

 

チェックインはMAIの本拠地らしく、

全方面一括のチェックイン。

f:id:atakushi:20170708210228j:plain

 

Expediaで買ったチケット、座席指定できず。

当日指定されたのは、屈辱の中央席。

中央席なんて座らされるの、何年ぶりだろう。

f:id:atakushi:20170708210235j:plain

 

無駄に色々書かせるミャンマーの出国カード。

f:id:atakushi:20170708210251j:plain

 

搭乗ゲートは14番。

ラウンジアクセスもないので、大人しく待つのみ。

f:id:atakushi:20170708210258j:plain

f:id:atakushi:20170708210308j:plain

f:id:atakushi:20170708210324j:plain

 

搭乗券の裏は、クレジットカードの広告。

こんなの日本人からしたら当たり前だけど、

ミャンマーでクレジットカードが一般的になったのは、ほんの半年前。

 

プラチナカードの要件は、日本円で月収12万円程度。

これは相当厳しい条件。現地人からしたら、

それこそ日本のプラチナと同じような感覚だと思う。

f:id:atakushi:20170708210352j:plain

 

ちなみにこの航空会社、

80%がKBZ(カンボーザ:財閥)グループ、20%がミャンマー国営航空の出資。

 

御搭乗。

f:id:atakushi:20170708210407j:plain

 

お?このシート、もしや。

f:id:atakushi:20170708210431j:plain

 

これ、多分ANA国内線と同じシート。

これでシンガポールまで3時間弱はきついなぁ。

当然エンタメの類はなし。

f:id:atakushi:20170708210445j:plain

 

 

機内誌のミャンマー語講座。

標準ミャンマー、ラカイン、カレン、シャン、、、

シャンなんて、もはや全く違う言語。

f:id:atakushi:20170708210454j:plain

 

隣席は左右ともに美しいミャンマー女性。

ちなみに私の主観だが、ミャンマー女性は基本美しいと思う。

で、これならB席でも悪くないと思っていたら、

ドアクローズ後、C席の女性が別の場所の友人の隣へ移動。

ラッキーなことに、ほぼ満員の機内で横が空いた状態になった。

 

機内食

これがひどかった。

おそらく私の飛行機人生で、一番ひどい機内食

手をつけていない状態でこれだった。本当に何かの手違いかと思った。

f:id:atakushi:20170708210509j:plain

 

短足のA319なので、これが全景。

カバーの貼り方も本当に雑。

正直、次からは乗ることはないだろう。

ミャンマー国営航空が素晴らしいだけに、その差が目立つ。

 

f:id:atakushi:20170708210524j:plain

 

チャンギの到着ゲートだけはベストポジション。

ヤンゴン国際空港の運営にチャンギが絡むようになってから、

あからさまにミャンマー便の扱いが良くなった。

f:id:atakushi:20170708210539j:plain

 

イミグレが若干混んでいたので、

ラウンジで少しだけお茶してから入国することに。

f:id:atakushi:20170708210547j:plain