ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

お一人様大好き。日本人が乗らないような飛行機(路線)に乗って、日本人が通らないような国境を越えて、日本人が誰もいないようなジムでスタジオレッスンに出て、日本人が誰もいないメシ屋で臭い飯を喰うブログ。各所のルールに則り撮影しています。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

キャセイのPAX INFOはこんな感じ? - 「こんな人たちが航空会社を作っています」シリーズより

当ブログ名物超手抜き記事、動画視聴シリーズ。

忙しいので適当記事でひとまず繋ぐ。

 

本日の動画はこちら。

6,7年前のCX。"People. They make an airline."

当時のHKIAの電車乗り場に、このシリーズの巨大広告が貼ってあったのを覚えている。

 

従業員の、昔と今が表現されている。

www.youtube.com

 

マニアにオススメは最初の見所。0:49付近。

ISM(In-flight Service Mgr。要するに客室ボス)のバーバラ(Barbara)が、

PAX INFOを見ながら、

CX DIAになって最初の搭乗の客に、メッセージカードを書いている。

 

PAX INFO、本物と同じフォーマットかどうかはわからないけど、

Tierごとに分けられていて、

  • 席番 名前  CX Tier(DM/GO/SL)   FFP#  OW Status(EMERALD/SAPPHIRE/RUBY)

となっている。

さらに追加情報で、

  • (FIRST TIME DM) (CANTONESE)等も。

 

ワンワールド他社の上級会員は、きっと別シートなのだろう。

 

ちなみにこのバーバラ、

記者時代の動画のパトカーにPOLISと書いてあることから、

おそらくマレーなのではないかと思う、、、

と思ったら、やっぱりそうだった。ってか、再現動画無駄にクオリティ高い。

 

残念ながらこの人は、すでに退職されている模様。

検索すれば、Linked inで経歴が見られる。

 

記者時代の顔はDark AngelのMax系で好みなのだが、それはさておき

CXはやっぱり面白い人採用しているなぁ、って思う。

www.facebook.com

 

 

真面目な方向けには、その次に出てくるAlice Wong。

www.facebook.com

 

動画の中で、なかなか素敵なことを言っている。

これは、ほとんどの日本人は認識した方が良い話だと思う。

 

"When I was seventeen, my dad sent me overseas to study. I was a new girl(かな?), nobody to talk to. But I soon realized it was up to me to learn how to talk to people."

(一部、結構大事なところがどうしても聞き取れなくて気になる。

 他も間違っているかも、、、聞き取れた方教えてください。)

  

私も英語(に限らず)喋るという行為が本当に嫌いで、

とにかくメールで済ませようとしていたけど、

海外に出て彼女と同じ気持ちになった。

 

なので10年前に、彼女のお父さんのように

私を初めて海外出張(初海外)に行かせてくれた上司や、

うっかり海外赴任してしまったこの機会には、実はとても感謝している。

 

彼女は他のインタビューでも、

「もしHKから出ていなかったら、未だに外国人と話すのにも躊躇するだろう」

と応えているが、その気持ち、今の自分は本当に共感できる。

 

あと思ったのは、彼女はきっといいとこのお嬢さんなんだろうなぁ、とか、

いいお父さんだなぁ、とか。

やっぱりそういう人が、香港でもスッチーになるのだろうか。

 

最後におまけで、こんなページの紹介を。

全体的にワンワールドは、キャラが濃いスッチーが多くて好きかも。

マレーシア航空スチュワーデス物語

Cathay Pacific Airways - Meet the Team