ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

お一人様大好き。日本人が乗らないような飛行機(路線)に乗って、日本人が通らないような国境を越えて、日本人が誰もいないようなジムでスタジオレッスンに出て、日本人が誰もいないメシ屋で臭い飯を喰うブログ。各所のルールに則り撮影しています。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

バンコクのコインロッカー事情(2017年12月現在)

海外旅行に出かけて、特に短期間で複数都市を回るときには、

手荷物をどこかに預けて、身軽に動き回りたいもの。

 

日本であればコインロッカーに預ければ良いのだが、

バンコクに限らず、東南アジアにはコインロッカーは、ほぼない。

私が知る限り、アジア圏でどこにでも見かけるのは韓国と台湾、

加えてマレーシアで稀に見かけるぐらいだろうか。

 

そんな中、バンコクでは少しずつ事情が変わりつつある。

MRT(地下鉄)に乗っていると、よく見かけるのがこれ、LockBox。

f:id:atakushi:20170806174629j:plain

 

使い方は、日本の鍵を使わない新型ロッカーと同じ。

値段は20B/hr (120B/day)からと、日本と同じか、少し高いぐらい。

 

設置箇所は基本MRTの地下駅、だが、

BTSのAsokとSara DaengのMRT乗り換え通路にも設置されている。

 

lockbox-thailand

 

バンコクの場合、コインロッカー以外の選択肢として、

JCBプラザで預かってもらうか、

MBKセンター(6階Zone B)のBag Depositを使う手もある。

両方とも無料だけど、JCBは9時から6時で日曜閉店。

MBKは遅く(夜9時か10時、最新の状況は未確認)までやっていたはず。

 

www.jcb.jp

www.airportels.asia

 

 

なのだが、、、

 

正直なところ、例えばトランジットの数時間でバンコク観光するなら、

往復のエアポートリンクが常に混雑しているので、

空港の手荷物預かりに預けた方が良い。

 

泊まりの予定があれば、できるだけ駅に近い宿をとって、

とりあえずホテルに寄って、アーリーチェックインできないか聞いてみる、

もしできなければ荷物だけ預けてしまうのをオススメする。

だいたい正午を過ぎていれば、安ホテルでもチェックインokな場合が多い。

 

日本人の感覚だと、ホテルのチェックイン開始時間は厳格だし、

なんとなく荷物を預けるのも気がひける(ような対応をされることもある)けど、

海外だとその辺りは全く遠慮する必要はない。

 

最近この辺りの遠慮がなくなっている私。

日本のホテルで嫌な顔をされて、何がおもてなし?と思ってしまったり、、、

 

そんな感じではあるが、MRTの主要駅にはロッカーあり、と覚えておくと、

緊急時には何かの役にたつ、、、かもしれない。