ASEANブラブラ旅日記

お一人様大好き。日本人が乗らないような飛行機(路線)に乗って、日本人が通らないような国境を越えて、日本人が誰もいないようなジムでスタジオレッスンに出て、日本人が誰もいないメシ屋で臭い飯を喰うブログ。各所のルールに則り撮影しています。スポクラネタは別ブログ(http://supokura.hatenablog.com)に順次移動中。個人の主観に基づくブログですので、内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

米系のステータスマッチ(チャレンジ)は甘くない?

気がつけば(日本の)年度末。

この機会に、まもなく失効するステータスを使って、

他社上級へのステータスマッチを試みてみた。

 

1つめ、SPGからヒルトン

 

SPGゴールドならヒルトンゴールドに、

SPGプラチナならヒルトンダイヤモンドに、

それぞれマッチされるものと思われる。(明確に基準は書かれていないが、、、)

 

約2日後、届いた結果は、、、

 

f:id:atakushi:20180330034112p:plain

まさかの、書類不備による再提出。

 

画像フォーマットが.jpg指定だったのを.pngで出してしまった、

のが理由ではなく、SPG側のWallet画面のキャプチャに、

有効期限が載っていなかったのが原因と思われる。

(この返信からは何も読み取れないが、、、)

 

指示通り、有効期限が記されたキャプチャを添付して

返信(resubmit your request by replying this message)したところ、

今度は別の担当者から「ステータスマッチはWebからやってね」と噛み合わない返信が。

 

ヒルトンぐらいの規模の企業にしては、なんだかシャキッとしないサポート。

まぁこちらは、再度Webから申請すれば通ることでしょう。

 

 

2つめ、ANAからDelta。

デルタ航空スカイマイル・ステータスマッチ・チャレンジ:デルタ航空

 

ANAならプラチナ、JALならサファイアから、

デルタのゴールドへマッチできる。

 

申請から2週間後、結果は、、、

 

f:id:atakushi:20180330033313p:plain

 

まさかのこちらも、書類不備による否決。

マッチ元のステータスが正規に取得したものか確認したいので、

搭乗記録を送れ、というような回答。

 

ANAの場合、1年以上前の搭乗記録がWeb上で表示されない。

 

よって、他の方のブログを参考に、

ステータスカードと、ステータス画面のスクリーンショットを送ったのだが、

現在はこれではダメなケースもあるようだ。

 

もしゴールドにマッチされれば、

今年の前半はスカイチームで帰省しようと思っていたのだが、、、

一気に「もうデルタにマイルなんて付けねーよ」って気分になってしまった(笑)

 

さて、この2件からわかること。

  • 米系のサポートはイマイチ。というか、担当者によりばらつきがある?
  • 日本人が申請しすぎたためか、審査が厳格になっている気がする。

ステータスマッチは、計画的に、お早めに。

 

ところでデルタの偉そうな英語、これ何人の英語なんだろう、、、

意外と、ヒルトンがノンネイティブ、デルタがネイティブだったりして。