読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASEANブラブラ旅日記(&スポクラ日記)

飛行機(主にエアアジア)に乗って、ジムを訪問してスタジオレッスンに参加する、ちょっぴり変な駐在員の日記です。個人の主観に基づくブログですので、所属組織の公式見解ではありません。内容に関する一方的・非建設的なクレームはご遠慮ください。

ホテル : Invite Hotel Suites (Kuala Lumpur)

Expediaに登録されて間もないこのホテル。

一見とてもよく見える。特にランドリーはジム遠征屋には必須。

場所はちょっと微妙だけど、値段もそこそこ。

 

果たして、、、

f:id:atakushi:20170417115349j:plain

 

場所はKLモノレールのBukit Bintangから徒歩5分くらい。

距離感はこんな感じ。タワーの左の建物がホテル。

f:id:atakushi:20170417115535j:plain

 

部屋はなかなか快適。

(部屋だけは)アンパンパークのダブルツリーとそう変わらない。

f:id:atakushi:20170417115700j:plain

 

9階にはプール、ジム、自販機、そしてランドリー。

ランドリーは洗濯RM10、洗剤付きだとRM15。乾燥機はRM10で45分。

f:id:atakushi:20170417115843j:plain

 

朝食は、まぁ普通の中級ホテル並み。

f:id:atakushi:20170417115952j:plain

f:id:atakushi:20170417120003j:plain

f:id:atakushi:20170417120046j:plain

 

と、ここまでだと、そこそこ良いホテルに聞こえるが、

問題は深夜にやってくる。

 

それはとんでもない騒音。しかも明け方4時過ぎまで。

窓を閉めても、ズンズンズンと振動が響き渡る。

おそらくホテルの裏のこの辺りから。

f:id:atakushi:20170417120103j:plain

f:id:atakushi:20170417120055j:plain

 

少なくとも、私は寝不足&頭痛に。

結構どこでも寝る自信があるのに、これはきつかった。

あれに耐えられる人、なかなかいないと思う。

 

頼んだランドリーも、即日仕上げのはずが翌日まで届かず。

幸い時間があったからよかったものの、、、

 

リピートは100%なし。

 

部屋 : ★★★★★

コスパ : ★★☆☆

朝食 : ★★☆☆

ラウンジ : なし

総合評価 : 騒音により、マイナスファイブスター

 

H29年度春 情報処理技術者試験(AU)

珍しく本業の話。

 

一時帰国の最大の理由、情報処理技術者試験受験。

もう20回以上受けていて、

旧旧制度の頃とか、昔の電卓の持ち込めた頃とか、

受験者が爆発して賑わっていた頃とかも知っている。

 

H10春 初級システムアドミニストレータ ○

H11秋 第二種情報処理技術者 ×

H11春 第二種情報処理技術者 ×

H12秋 ネットワークスペシャリスト ×

H13春 ソフトウェア開発技術者 ○

H13秋 テクニカルエンジニア(ネットワーク) ○

この間、ほぼ毎年アプリケーションエンジニアと、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)に落ち続ける。

H19秋 情報セキュリティアドミニストレータ ○

この間、毎年システムアーキテクトに落ち続ける。

H25秋 ITサービスマネージャ ○

H26春 プロジェクトマネージャ ○

H26秋 システムアーキテクト ×

H27春 システム監査技術者 ×

H28春 システム監査技術者 ×

H28秋 ITストラテジスト ○

 

AU、3度目の正直なるか。

今回の会場は、初めての徒歩圏内、大阪天満研修センター。

元フィリッピス大学日本校。大阪の人ならCMの記憶があるかも。

f:id:atakushi:20170416235801j:plain

 

この会場は、SC/PM/DB/AU/ES。

ちなみに去年は大阪経済大学だった。

マイナーなやつらは7階集合。

f:id:atakushi:20170417000152j:plain

 

環境はまぁ、可もなく不可もなく。

よくある長机に、宴会場みたいな重たい椅子。

f:id:atakushi:20170417000021j:plain

 

受験生はオヤジ50名程度に、女性が1名。この業界標準的な男女比。

それよりも隣部屋にエンベデッド女子が数名いたことに驚き。

 

こんな男女比なので、トイレ(特に個室)は圧倒的に男不利。

これはなんとかしてほしい。

前に看護大が試験会場の時は、本当に最悪だった。

 

さて結果は、、、来年4度目の正直、、、かな(笑)

 

午前2は、余裕で回答していたら、ポカミス連発に気がつき、

愛妻ならぬ愛実家の母弁当を食べながら青ざめた。

大本営(公式サイト)の解答速報(夜8時発表)では、なんとかクリア。

f:id:atakushi:20170417001606j:plain

 

午後1は、問2と問3を選択。

いまいちどちらも、出題者と心が通い合わず(笑)

うーん、前々回・前回とそれなりの点数で午後1通過しているので、

今回はかなりの悪問と私は言いたい。

 

午後2は、問1を選択。こちらも午前と午後1の動揺からか、書きながら論点がブレていくのを完全には修正できず。

 

論文としては、最低Bは取れると思うけど、きっと午後1で足切りっぽい。

 

いずれにせよ終わったことは忘れて、明日から日本近隣周遊へ旅立ちます!

 

xx-Apr-2017 : MH52 KUL to KIX (Malaysia Airlines)

この日はまだまだ発展しそうなSubang Jayaで夕食後、KLIAへ移動。

f:id:atakushi:20170415102503j:plain

 

駅を挟んで片側にどーんとオフィスビル、

もう片側にドンドンドンとショッピングセンターが並んでいる。

f:id:atakushi:20170415102737j:plain

f:id:atakushi:20170415102701j:plain

f:id:atakushi:20170415102713j:plain

 

タクシーで直接向かう方が間違いなく速いけど、

諸事情あってまずはKomuterでKL Sentralへ。約25分。

このKomuter、本数さえあれば本当に良い乗り物になるのに、

増えるどころか、ラッシュ時以外は間引かれる(?)一方。

f:id:atakushi:20170415103037j:plain

 

ここでEkspresに乗り換え。

f:id:atakushi:20170415103127j:plain

f:id:atakushi:20170415103052j:plain

f:id:atakushi:20170415103113j:plain

f:id:atakushi:20170415103139j:plain

 

このEkspresも、もう少し安ければねぇ、、、

Mastercard+オンライン決済でやっとRM44(=1,100円)。

f:id:atakushi:20170417021956j:plain

 

対するバスはRM10。日本のボッタクリムジンと大違い。

まぁ、時間があればバスでしょう。

 

バスの乗り方はこちら。

KL Sentral側の乗り場は、ヒルトン側の出口(Budget Taxi乗り場)に向かって、

そこからエスカレータを降りたところ。

KLIA Ekspresとは反対側。

 

昼間にチェックインは済ませてあるので、即出国審査。

f:id:atakushi:20170415103150j:plain

 

ここもTPE並びで、相当待ってる。

最近はKLIA2の方が空いている印象。

f:id:atakushi:20170415103247j:plain

 

まずは税関検査抜けてすぐ左、リージョナルラウンジへ。

f:id:atakushi:20170415103335j:plain

 

食事はもう数年間、全くと言っていいほど変わらず。

でもこのパンプキンスープは美味しい。

f:id:atakushi:20170415103324j:plain

 

シャワーを借りて、

f:id:atakushi:20170415103258j:plain

 

あっという間に搭乗時間。

離れ行きシャトルに乗ろうとしたら、ほっかむりおばちゃんから

「バスに乗った方が早い、バスに乗れ」とのお達し。

f:id:atakushi:20170415103350j:plain

 

奥の階段を降りて、

f:id:atakushi:20170415103402j:plain

 

Rapid KL仕様のバスに乗車。

f:id:atakushi:20170415103427j:plain

 

バスに乗った方が早いわけないよなーと思いつつ、

バスを追い抜いていくシャトルを眺める(笑)

f:id:atakushi:20170415103453j:plain

 

バスを降りてエスカレータを上ると、C11の手前あたり。

f:id:atakushi:20170415103508j:plain

 

本日のゲートはC14。

しかし、ここで1時間遅延のアナウンス。

f:id:atakushi:20170415103532j:plain

f:id:atakushi:20170415103543j:plain

 

この直前検査を潜ってしまうと、もうトイレすらない監禁状態。

仕方ないので、ゴールデンラウンジサテライト(実質こちらが本店)へ。

f:id:atakushi:20170415103555j:plain

 

ビジネスラウンジは入って左側、さらにすぐ左側に、スポーツバー。

昔はシャンパンを出していたけど、いつの間にかスパークリングワインonlyに。

f:id:atakushi:20170415103633j:plain

 

完成当初は驚きの広さだったらしいけど、今となっては普通のラウンジ。

でもマレーシア航空がワンワールドに加盟する前には、入りたくて仕方なかったな。

f:id:atakushi:20170415103656j:plain

 

C14に戻ると、、、手荷物検査が隣の大韓航空と混ざって大変なことに。

出発40分前に並んで、抜けたのは20分前。

MH便は優先的に案内、なんて気の利いたことはなし。

f:id:atakushi:20170415103723j:plain

f:id:atakushi:20170415103734j:plain

 

搭乗。

f:id:atakushi:20170415103757j:plain

 

今日のお席は2列だけ存在するAコンエコノミー。

今日はど満。エコノミーをど満にできるMH、なかなかやるな。

f:id:atakushi:20170415103822j:plain

 

 無事エコ最前列を、48時間前のオンラインチェックインで確保。

f:id:atakushi:20170415103835j:plain

 

本日のクルーは、見てるだけで幸せになれそうな、

常時ニコニコしているいい味出てるマレーおじさんチーフ。

 

あとは別の若そうだけどテキパキなマレー兄、

これまたなんとも言えないいい味出してるマレー姐、

MaxのReinaをショートカットにしたような中華姐、

そしてホステス並みに気合いの入った髪の盛り方の日本姐(C担当)、

さらにもう一人、パジャマ制服のよく似合う日本姐(確かR2)。

多分後方にはもう数名いるはず。

 

ドアクローズはきっちり1時間遅れの23:20。

ショッボイ軽食もらって、

f:id:atakushi:20170415103942j:plain

 

寝れたのは台湾の横を通り過ぎる30分くらいだった気がする。

f:id:atakushi:20170415103953j:plain

 

このあとすぐ朝食。寝る時間がなく、飯ばっかりでデブになれるこの便。

 

いい味出してるマレー姐がやってきて、Aコンエコ全体に、

「みなさん、おはよう。よく聞きなさい。今から朝食を配ります。

   今日の朝食は、ナシルマとJapanese Miso Chicken and Riceから選んでね。

 はい、あなたはどちら?」

 

こういう効率的な聞き方初めて見た(笑)

Misoが美味しかった。

f:id:atakushi:20170415104003j:plain

 

ちなみにマレーシア航空のナシルマはごく普通のナシルマ。

 

マレーシア航空にはもうそんなに残っていないはずの、

日本人姐が2人で程よくお世話してくれて、とても良い印象のフライト。

 

全然寝れなかったけど。

f:id:atakushi:20170415104119j:plain

f:id:atakushi:20170415104141j:plain

 

関空には南からアプローチ、しかしそのまま素通りして、

大阪湾周遊飛行、そして2タミ側滑走路に着陸後、

1タミ北13番まで地上移動。まさにS字移動。

こんなガラガラの時間帯に、、、なんとかならないものか。

 

ちなみにマレーシア航空って、未だに離着陸時には電源完全オフ。

よって離着陸時の写真は撮れない。

 

f:id:atakushi:20170415104328j:plain

f:id:atakushi:20170415104317j:plain

 

6:29にスポットインして、手荷物受け取って、税関通過が6:50。

f:id:atakushi:20170417021558j:plain

 

7:05分のラピートで大阪の実家へ。

f:id:atakushi:20170415104428j:plain

 

マレーシア航空、クルーの人柄に救われている気がする。

クルーもなんとなく、仲よさそうに見える。(本当のところは知らない)

 

JALみたいに「おい、ビール」みたいなオヤジにはきついと思うけど、

自分からチーフやマレー姐に

「サラマッマラーン」と挨拶しにいく位の人だと、

適当にいじってもらえて快適に過ごせる気がする(笑)

 

xx-Apr-2017 : MH741 RGN to KUL (Malaysia Airlines)

水祭りが始まるヤンゴンから脱出。

幸いまだ渋滞はなく、スムーズに空港着。

 

久しぶりの2タミ(旧国際線ターミナル)。

初めてここに降り立った時、

東南アジア独特の、ムワッとした空気を感じたのを今でも覚えている。

f:id:atakushi:20170412220758j:plain

 

念のため早めに家を出たので、出発までまだ2時間。

ラウンジも使えないので、(使えてもろくでも無いラウンジだが)

久しぶりに"Ya Kun Kaya Toast"へ。

 

2タミ数少ない、普通の(まともな)お店。

f:id:atakushi:20170412220819j:plain

常識的なお値段。

バリューセットなら飲み物付きで5USD程度と街中価格。

f:id:atakushi:20170412220911j:plain

f:id:atakushi:20170412220957j:plain

 

いつこの2タミがなくなる(1タミと統合される)かはっきりしないので、

今回は少し多めに写真を撮っておく。

f:id:atakushi:20170412220910j:plain

 

チェックイン。

f:id:atakushi:20170412220840j:plain

前のおじさん、申し訳ないけどPriority Laneで揉めないでほしいな、、、

f:id:atakushi:20170412220921j:plain

 

出国はスムーズ。

f:id:atakushi:20170412220934j:plain

 

特に買いたいものがないお土産物屋。

もうこのターミナルに力を入れるつもりはないようだ。

f:id:atakushi:20170412221033j:plain

 

2タミ出国後のラウンジは3つ。

- MAI Sky Smile (QR,CI等) : Priority Pass利用可、ダイナースは不可

- Royal Jade x 2 (TG, MH等)

f:id:atakushi:20170412224919j:plain

f:id:atakushi:20170412225025j:plain

f:id:atakushi:20170412224939j:plain

 

ラウンジ内部はPPヘビーユーザー、あるいは東南アジアトラベラーなら、

この雰囲気から推して知るべし。

乾いたケーキ、乾いたパン、ビーフンみたいなの、カップラーメン、コーヒー、、、

 

1タミ新ラウンジとの差があまりにも大きい。

そして1タミに移った航空会社だけでなく、

もうヤンゴンに就航していない航空会社まで残ったまま。。。

 

ゲートゾーン(1,2/3,4,5)毎のセキュリティを通って搭乗待合室へ。

f:id:atakushi:20170412221029j:plain

 

この時点で残席はこんな感じ。

今の所、お隣は空席。

なんとなく、6,7,12,14列あたりが上級会員向けな気がする。

ドアクローズ後最終的に空いていた席は、

2F(シート故障につきブロック),6E,7E,12E。ほぼど満。

f:id:atakushi:20170412230832p:plain

f:id:atakushi:20170412221030j:plain

 

久しぶりのSelamat Datang。

本日のクルー、チーフは髭生やして、大村崑ばりにメガネがずり下りている、

この上なくいい味出してるマレーおじさん。

以下、マレー兄、ベテラン臭漂うマレー姐、若いけどしっかりしてそうな中華姐。

f:id:atakushi:20170412221042j:plain

f:id:atakushi:20170412231419j:plain

 

来ぬ客を待って30分、

さらにコックピット開けて何やらで20分。

f:id:atakushi:20170412221119j:plain

 

飛び立ったのは結局、定時から1時間後。

次の予定があるのに、早速マレー式歓迎を受けた気分。

 

ところでMASのフライトマップ、なぜか"Rangoon"に徹底されている。

何か意図を持ってやっているのか知らないけど、

実は大半のミャンマー人にとっては、"Rangoon"も"Yango(o)n"も

1字か2字違いぐらい、日本人で言うところのニホンとニッポンの違いくらいの認識しかないらしい。(もちろん人よる)

f:id:atakushi:20170412221127j:plain

 

閑話休題

 

早くも遅くもないタイミングでカート登場。

見てわかる通り、この距離のマレーシア航空リージョナル便は酒が出ない。

なんとビジネスクラスでも出ない。

f:id:atakushi:20170413002353j:plain

 

チョイスはチキンラザニアと、なんだったかなぁ、スパイシーフィッシュなんとか。

隣の人がそのなんとかを食べてて、白身魚とご飯だった。

f:id:atakushi:20170412221123j:plain

 

ベテランマレー姐が一人で、「ジュースもいるか、コーヒーもいるか」とオプション付きで手際よく配膳。

 

が、ゴミ回収の段になって、オプションカップがカートに収まり切らず大変そうだった。

下膳担当の中華姐、内心「たくさん配りやがって」と思ってそう(笑)

 

機内食に関していうと、もうこれはシンガポール航空の圧勝。

ほぼ同じ距離でこの違い。 もちろんビール・ワイン搭載。

 

よくある「人気航空会社ランキング」って、

結局機内食ランキングじゃないのって思う。

そんなの答える人が、ゴールドだのラウンジだのを評価しているとも思えず。

 

 

飯食い終わったところで、エンタメがフリーズ。

SQでのコントローラ行方不明事件、JLでの言うこと聞かないタッチパネル事件といい、

私がエンタメに触ると壊れるんだろうか、このキャリアを問わない故障率。

f:id:atakushi:20170412221247j:plain

f:id:atakushi:20170412221140j:plain

 

着陸はKLIA母屋右翼、G6。

出発が60分遅れた割に、到着は46分遅れまで短縮。

ただいずれにせよ、次の予定は間に合わず。

f:id:atakushi:20170412221214j:plain

f:id:atakushi:20170412221240j:plain

 

入国審査が、、、ここはTPEかよ状態。

あー、並ぶの嫌だ、ということで、、、

f:id:atakushi:20170412234131j:plain

 

シャトルに乗って、離れのPlaza Premium KUL (ビールラウンジ、あるいは沢庵ラウンジ)へ。

到着半券でも無事潜入成功。

f:id:atakushi:20170412221159j:plain

 

何度も書くけど、ここは食事が課題。

  

なぜかいつも、潤沢にタクアンが置いてある。謎。

この後ジムでレッスンを受ける予定だったので、ビールラウンジなのにビールは遠慮した。

f:id:atakushi:20170412234331j:plain

 

えみちゃんラウンジなんてあったのか。

乗らないので関係ないけど。

f:id:atakushi:20170412221318j:plain

 

シャトルで母屋に戻り、入国審査再挑戦。

f:id:atakushi:20170412221303j:plain

 

列は半分ぐらいに。15分ほど並んで無事入国。

荷物は当然、横に避けられていた。

f:id:atakushi:20170412221320j:plain

 

ここからKL Sentralへ。

この時点で17時半前。19時半のレッスンまで時間があったので、バジェットバス。

 

昔のKLIAを知っている人なら、LCCT行きバス乗り場、で通じそう。

KLIA2行きのバスも、同じところから出ているのかな(記憶曖昧)。

 

KLIA Ekspresへの誘導を無視しながら2階に降りて、左の駐車場へ。

f:id:atakushi:20170412221355j:plain

 

この先の旧KLIA Transit乗り場からPutrajaya行ったり、

チェックインオープン待ちで下の階のあのベンチで3時間も待ったり。

この辺は私のバックパッカー時代を思い出す。

f:id:atakushi:20170412221408j:plain

f:id:atakushi:20170412221416j:plain

f:id:atakushi:20170412221426j:plain

 

チケットはRM10。ちなみにボッタKLIA EkspresはRM50。

値段は5倍、時間差は倍。ご予定に合わせてどうぞ。

f:id:atakushi:20170412221407j:plain

 

少し渋滞して、1時間10分で到着。

f:id:atakushi:20170412235941j:plain

 

ここで予定外発生。

当初ここで、スーツケースをLeft Luggageに預けて、

Mid Valleyのジムに行くつもりが、、、Left Luggageがない。

事前情報でも、案内板でもこの右側(切符売り場前)にあるはずなのに。

f:id:atakushi:20170412235952j:plain

 

そしてコインロッカーも、本当の小型と、超大型の2種類のみに。

超大型は1日あたり、なんとRM40。

予定通り2晩預けると、RM120(=3,000円以上)。

ロッカーの管理人曰く、中型ロッカーも、Left Luggageも無くなったとか。

 

さらにMid Valleyに行くKTM Komuterもダイヤ乱れ。

レッスンに間に合う気がしなかったので、この日は諦めて、そのままホテルへ。

 

KL SentralからBukit Bintang近くのInviteホテルへ。バジェットタクシーでRM17。

雨が降ってきたのでかなり待たされた。

もう目の前のヒルトンに泊まりたい気分に。

f:id:atakushi:20170412221447j:plain

 

予定外に予定外。ジム2軒ハシゴの予定が、

ほんのわずかな移動で終わってしまった一日。

 

久しぶりの大好きなMAS、クルーが元気そうでよかった。

エアアジアと共に、私の青春を運んでくれたエアラインなので、

色々イケてないのに、不思議と憎めない。

 

 

KL CATとKLIA Ekspres

KLIA Ekspresの利用者は、KL Sentral駅のCAT(チェックイン&手荷物Drop)を利用可能。

 

場所はとりあえず、「空港行き特急列車出発フロア」を目指す。

f:id:atakushi:20170415102129j:plain

f:id:atakushi:20170415102103j:plain

2017年4月現在、チェックインできるのは写真の通り。

香港のようにうまくは運営されていないのは、マレーシアなので特に驚かない。

 

仕組みは香港と同じで、まずはチケットを購入。

そのチケットを、チェックイン施設前の自動改札にかざす。

この時点ではチケットは未使用状態。

 

例えばチェックインだけして、別日に乗車できるかどうかは聞いてもはっきりせず。

このチェックインが48時間前から使える以上、

購入したチケットが無効化されていないので、おそらく大丈夫な「はず」。

f:id:atakushi:20170415102143j:plain

 

裏側に回れば、作ったけど使われなかったチェックインカウンターが。

f:id:atakushi:20170415102157j:plain

 

ガラガラなのと、セフルで何かしなくて良いので、

KLIA Ekspresに乗る予定のある人なら、ここでチェックインして、

あとはNU Sentralあたりで食事でもするのが良いかと。

f:id:atakushi:20170415102113j:plain

 

私はこのあと、Fitness Firstで出発前のボディコンバット&シャワーへ。

 

ヤンゴン赴任者的、バンコクでの週末の過ごし方(B級グルメ編: タニヤプラザの小象寿司)

日本人オヤジ御用達の、タニヤプラザ。

こういうところがあるのが羨ましい、、、

ヤンゴンの30倍か50倍も日本人がいるんだから当然だけど。

 

ゴルフショップの中にある小象寿司。(not 小僧寿司)

f:id:atakushi:20170410025057j:plain

 

昼の食べ放題ビュッフェは329B+税。

f:id:atakushi:20170329225002j:plain

 

席に着くと、お茶(熱・冷)と味噌汁のサービス。

 

寿司はかなり小ぶり。

相変わらず、ご飯は微妙だけど、

タイで食べる寿司としてはokなレベル。

 

寿司以外のものも結構流れてくる。

f:id:atakushi:20170329225031j:plain

 

日本から来た人は、わざわざ食べる必要はないけど、

近隣国から来た人は、日本の回転寿司並み(シャリは若干微妙)のものが食べられる。

そんなレベルのお店。

 

質 : ★☆☆ (3~3.5くらい)

雰囲気・混雑具合 : ★☆

提供までの時間 : ★★ 

コスパ★★☆

ツーリスト特典 : 特になし

総合評価 : ★★☆

 

 

 

ヤンゴン赴任者的、バンコクでの週末の過ごし方(B級グルメ編: MBKセンター The Fifth/Tourist Lounge)

MBKセンターの高級フードコート

(A級とB級の間ぐらい?)

 

B級施設の塊、MBKセンター5階(東急百貨店の真上)の、

質も値段も(ほぼ)日本並みのフードコート。

夜は生演奏もあり。

f:id:atakushi:20170329224744j:plain

f:id:atakushi:20170329224745j:plain

 

よく食べるのがJapanese Mix Teppanyaki。これで350B。10回は食べた。

f:id:atakushi:20170410031002j:plain

f:id:atakushi:20170329224841j:plain

 

最近2時間食べ放題ビュッフェも登場。

f:id:atakushi:20170329224725j:plain

f:id:atakushi:20170329224701j:plain

f:id:atakushi:20170329224736j:plain

 

相変わらず酢飯かどうかわからない微妙なシャリだけど、まぁまぁ。

f:id:atakushi:20170410023343j:plain

f:id:atakushi:20170329224740j:plain

 

このフードコート、外国人向けサービスが充実。

後ろのドリンクバーで、ウェルカムドリンクの甘いアイスティーが無料。

ビールは有料。アサヒのこのサイズで150Bだったかなあ、、、ちょっと高め。

f:id:atakushi:20170410023619j:plain

 

そしてツーリストラウンジ(Tourist Lounge)の利用も無料。

フードコート奥の、ツーリストラウンジでパスポートを示せばok。

 

写真は無料のアイスティー。

昔はラウンジの人が持って来てくれたけど、

最近は冷蔵庫の水と、コーヒー、コールドドリンク(2種)のセルフサービスに変わった。

f:id:atakushi:20170403032852j:plain

最近なぜか、外が見れないようにフィルムが貼られてしまった。

f:id:atakushi:20170329224903j:plain

f:id:atakushi:20170329224909j:plain

 

昔は本当に貸切状態だったけど、最近は数組は見かける。

が、たまに数日間風呂に入ってなさそうな人がいる(笑)

 

お会計はフードコート出口にて、後清算。

Tourist Loungeでもらえるカードで5%引きと、至れり尽くせり。

 

質 : ★★

雰囲気・混雑具合 : ★★

提供までの時間 : ★☆☆ 

コスパ★☆☆

ツーリスト特典 : ★★

総合評価 : ★★☆ (4~4.5くらい)

 

多分15回は行ったけど、ここはそんなに外したことがないな。